So-net無料ブログ作成

大変寒くなって来ました [徒然に]

大晦日まであと五日くらいですかね。いよいよ、年も詰まってきました。
来年の構想など練りながらの年越しとなります。
方向性はねサービス付き高齢者向け住宅を一日でも早く開始すること。

そして、懸案の介護タクシー本格運営ですね。配食サービスは時期的にも
難しくなっていますかね。ノロウィルスで千人以上も感染しているのでね。
まあ、少し落ち着いてきたら、葬儀屋の仕出弁当をターゲットに少し営業を
してみましょう。

できることから、ひとつずつですね。なんせ、笛吹けど踊らずみたいな奴が
いるからね。まあ、どの社会にもそんな輩はいますけどね。
しかし、自民は議席取りすぎでしょ。まあ、派閥抗争が起きないことを願います。

民主党が政権をとってから、一年もしないうちに感じていたのは、やはり、
労組が押すような団体では政治はできないということでした。
昔ながらの、慈悲というか慈愛というか、上から与えられる幸福感で
日本人は安心してしまうことがあるんだなぁということ。

だから、精々がんばったところで何でも反対の赤とか、文句ばかりの社民
みたいになっちゃうんだね。本当にこの日本を変えるには、中枢に入りこみ
中からぶっ壊さないとダメなのかもしれない。小泉の馬鹿とかのやり方では
なくてね。

会社の運営も似たようなものですよ。銀行というアメリカみたいな権力があって
それに、なんとかごまかして仕事を進めないといけない。
単純な人たちだけでもダメなんだわね。

ともかく、財界とか保守の集まりみたいなのに合わせてね。しばらくはいきます。
とは、言っても株価とか円安とか分かりやすいね。
そんなに期待できるのかな?アベノミクス??

不安を抱えた、年の暮れです。5年ぶりでも2次内閣って言うのか?
夏すぎて、病気の再発がないといいね、安倍ちゃん。
nice!(2)  コメント(0) 

衆議院選挙の結果 [歴史]

今回もまた、反動の原則というか、前回の民主党の政権
交代を問うという戦略で、大勝利したその反動で、自民が
結果的に大勝利。

近世のヨーロッパの市民革命の時もそうであるが、清教徒
革命やフランス革命という大変革の時も反動政治をもたらし
たように、大勝した後の大敗は良くあるものです。

大体、菅さんなんかはロベスピエールがごとく処刑されても
仕方ないような失態ですよ。鳩は逃げたから許してあげよう。
仙石は地獄に落ちたか?

民主党という政党名が残っただけ良かったのかもね。しかし、
自民党もうかうかはしていられない。原則的にいうなら、次は
逆風の中の戦いになるのだからね。

しかし、国民の皆さん。よく考えて見てください。こんなこと続けて
いても、大して国民の暮らしは変わりませんよ。経済再生だとか
言ってますが、そんなに簡単に景気がよくなるわけがない。

少なくとも、自公民は一緒になって消費税の増税を決めたのだからね。
よっぽと、一万円札を刷って出さないとインフレにならんよ。
公共事業をよほどしないと、庶民までお金は届かないよ。

日本列島大改造くらいしないとね。でも、環境だとかエコだとかで
工事はできないよ。インフラの再整備は急務だろうけれど。笹子
の件があるからね。

それにしても、自公で320議席を越してしまいました。小泉の時の
インチキと同じ結果にならないことを願うよ。
しかし、TPPも原発問題も自衛隊なんかもみんな右向け右じゃ
困るよね。

ただし、今までのうそつき政治家たちは、かなり退場したので少しは
棲みやすくなりますかね。だけれども、白河の清き流れには、魚は
棲まないことも事実ですね。

元の濁りの田沼恋しきだけじゃない何かを期待して、今日はもう
寝ます。

nice!(0)  コメント(0) 

ちょっと、早すぎやしねぇか [趣味]

少し胸が痛いね。それでも「おい、お前さん・・・・」
57歳です。私と3つしか違いません。次兄と同じ昭和30年生まれ。
大好きな役者でした。歌舞伎俳優・中村勘三郎。

我々にとっては、勘九郎の方が親しんだ名前だ。あれは、
小学校の映画教室で見たのが初めてだったかな。
ませた子供の役というか、跳び箱を飛ぶシーンだけ思い出す。

よくテレビとかにも出ていたなぁ。父の17世勘三郎のダンディぶり
と対照的にやんちゃな子供がそのまま大人になったような感じの
人でした。

歌舞伎では、平成中村座や新作や新演出の舞台を多くこなして
歌舞伎を親しみやすいものにした功績は大きいです。
息子たちが立派に育っているので、安心は安心ですが。

七之助は親譲りのやんちゃな面もありますが、6代目勘九郎は、
しっかりした跡取りでたいしたものです。
しかし、早すぎだよ。

今年は、いろんな方が亡くなっていますが、森さんみんな連れてか
ないでよ。まあ、あちらでも楽しくお芝居してますかね?
ご冥福を祈ります。合掌。
nice!(0)  コメント(0) 

この国の明日(みらい)について [未来に]

「永遠の0」を読み終えて、児玉 清さんの解説を読んで
思ったのは、確かにこの国は67年前まで戦争をしていて
戦後、こんなにも繁栄しまた腐敗した国はないという感じ。

この国の未来は、どうなるのでしょうかね?300万人以上の
犠牲を払いながら、結局はこのざまですよ。本当にあの時
国を思い、家族を思い、愛する人を守るために死んで行った
あの人たちに、何と伝えればいいのだろう?

確かに、戦争はしてないよね。同じ過ちは繰り返していない。
けれども、昨年の未曾有の大地震のあと、見えてきたのは
この国の体質というか、何でも政府は隠すね。

変わってないのだよ。現実的にはね。だから、大阪の橋なんとか
とか、滋賀の女知事あたりが何を言っても変わんないんだと思う。
特に、小沢の操り人形は、マジだから怖いね。

衆議院の選挙が近くになったので、本当に選挙中だと書けない
から、今、書いちゃうけれどさ、何なの?
14も政党があってさ、言ってる事が微妙に違ったり同じだったり。

あのね、とにかく、憲法を変えないとダメだよ。少なくとも前文の
前文にアメリカさんの言うとおりとかあるんだから、今のは。
まず、それを変えないと全然ダメ。

法律で国民投票とかになっているけれども、いいんじゃない、この際
超法規的処置でさ。だって、ダメだって言ってもアメリカの兵隊は、
悪さばかりしてるんだし。

まあ、自衛隊を抑えてさ、一種のクーデターみたいにね。無理か!
でも、頼りない政治家ばかりで結局さ、選挙後の連携でよろしく。
ってことでしょ。

だって、もともと民主も自民も同じ穴のムジナじゃん。共産党ぐらい
だよね。まともなこと言っているのは。でも、共産党だからね。
社会党はなくなっちゃったし、ともかく、選挙で入れるとこがない。

まして、私の住んでる地域では、自民党も分裂して、離党したのに
県連はその届けを保留だって。馬鹿じゃネェ。まあ、本人に会って
言いますけど、自民に戻るなら入れないよってね。

まあ、でも一人では何もできないよ。山本君。
しかし、みんなの党もね。みどりとか未来も無いな。じゃあどこよ。
じいちゃんは警察官だったから、警察官僚の自民党に入れてた。

だから、実家の兄たちは自民じゃネェ。だけど、公明党は無いよ。
宗教上の違いだから。結局、棄権か。
もう少し何かがあればねぇ。

とにかく、50過ぎのおじさんが迷っているのだから、誰でも迷うよ。
新聞とかテレビも騒ぐだけなんだよね。
はっきりと、この新聞社はどこどこを応援しますは無いのよね。

戦争の責任も、新聞とかメディアの責任も重いのだけれど、全然
だよね、まあ、先の小説でも出てくるけれど、あの時ある程度の
インテリ達は、戦争の無謀さもよく分かっていたんだよね。

雨の神宮での学徒の中には、絶対にこの戦争は負けると分かって
いた人は、いるはずだよね。
だから、今もなんか新聞とかテレビに煽動されているような気もする
のは、自分だけかな?

本業がもう少しうまくいったら、見てろよ。まあ、わかんないけれどね。
石原君や安倍くんほどでは無いけれど、強い国にする方法はあると
思います。

でも、トンネルの補強ぐらいはちゃんとしといてよ。腐りつつあるこの
国の象徴かな。亡くなった方には申し訳ないけれど、謝る時にさ、
紙に書いてある謝罪文を読むのってどうなの?専務ってえらい人
だよね。馬鹿なのかな?

それを、平気で流しているテレビもどうなのといつも思うのです。
つまらない、冷たい雨の日曜日の夜です。
明日は不安だらけでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます