So-net無料ブログ作成

先輩を誇りに思います [スポーツ]

WBC残念でしたね。準決勝でプエルトリコに3-1で負けてしまい
ました。けれど、選手は本当によく頑張ったと思います。
大リーグの選手なしでここまで来たのだから。

それに、山本浩二監督には本当にご苦労様と言いたいです。
インチキ中国人の電話会社の野球の監督は散々逃げ回り、火中の
栗を拾って、これだけの成績を残したわけですから、本当に尊敬します。

戦力も、前々回や前回はイチローも松坂もいたし、ダルビッシュもいた
のですから、勝って当たり前です。その現役選手抜きで、阿部ちゃん中心に
もう40歳の選手や大リーグ帰りの引退間際の選手でですよ。

コーチの梨田さんや東尾さんもたいしたものですよ。国内での予選では
台湾と友情の絆も確認できたし、世界中の野球が日本を目指している
ようにも思えました。

今までは、カリブ海の諸島の選手は我儘で纏らずたいしたことなかった
けれど、今回のプエルトリコのチームはよくまとまっていました。
アメリカもベネゼエラも負けて当然だわね。ぜひ優勝してほしいね。

春の嵐はまだ強い風をふかしていますが、爽やかに終わったWBC
大会は、今までにない感動をくれました。
ありがとうございました。法政大学万歳だ!!内川、君のせいじゃないよ。
nice!(1)  コメント(0) 

春は選抜から [スポーツ]

昔の人が言うように暑さ寒さも彼岸まで。とうとう、春になりかけています。
春は、球春。選抜からですね。福井県の春江工業は、練習場所も元工場。
県立高校なので募金をカンパしてもらい出場できるそうです。

故郷の代表として、正々堂々と戦ってもらいたいですね。茨城県は、常総
学院で8年ぶり7回目。木内さんは引退して教え子が監督。佐々木君かな?
まあ、頑張ってもらいたい。

ところで、TPPに正式に参加を安倍さんが表明しました。しかし、少し遅き
になりにけりという感じかな。去年でも良かったんだよね。どうせ、アメリカ
さんの言うとおりなんだからね。

国内景気は、株も12000円を越して円も96円代になっているので、まあね。
いい感じなんだろうけれども・・・。製造業は拠点を海外に移しているし、
国内の第一次産業の落ち込みは、大いに懸念されるわけですが。

まあ、やって見ないとね。なにせ、今後の交渉しだいですからね。
しかし、良い物は高くても売れるよ。安物買いの銭失いというから、
外国産が全て安いわけじゃないわけだし。

そもそも、関税でごまかして、保護貿易で利益を稼いでいた時代が
おかしいのよ。もう韓国や中国やASEAN諸国に、勝てる優秀なもの
を作って、勝負しなきゃなんない時代よ。

それに、日本の農業を守るなら農協の組織を解体しないとダメ。
本当は、誰も分かっているのにねぇ。選挙が怖いから本当の所は
隠して隠してか?

自民も公明もしょぼいぜ。まあ、維新とか言っている馬鹿よりましですけど。
あっ、いけない。ここは悪口を言うとムキになって怒るから気をつけないと。
まあ、児戯の遊びにはもう付き合いきれんぜょ。

まあ、あたしは自分の商売を頑張るだけだけど。もしかしたら、世界に
羽ばたく日も近いかも。ASEAN諸国で介護事業ってどうよ?
太陽光発電も魅力だけどね。詳しくは後で・・・・。
nice!(1)  コメント(0) 

記念日 [家族]

記念日を忘れてしまうのは、今が幸せすぎるからか
それとも、忙しいからか?単純に忘れていたからですね。
そう、今日は結婚記念日。

14年前、まだ、1999年のことです。平成でいうと何年だ?
私は、40歳になったばかりで、家内はその時、26歳。
周囲からは、随分と心配されました。

さて、それでも月日の経つのは早いもので、もう54歳ですよ。
何年か前までは55歳が定年でしたからね。
今は、定年制も見直されて65歳か定年制が無くなった会社も
少なくありませんね。

まあ、江戸時代の頃には90歳まで現役なんてのもあったらしく
結局は、長く安定した社会では定年制なんてものは意味がない
ものかもしれません。

生涯現役って、すごいことです。天皇さんは偉いネェ。
法王は400年ぶりに退任だって言うのにね。
まあ、離婚しなければ生涯夫も現役ですか?

とにかく、今後ともよろしくです。
nice!(1)  コメント(0) 

春一番 [未来に]

今日、3月1日は県立高校の卒業式です。いつになく、高校生が
街を歩いていたので、気づきました。
春ですね。

風も今日は強くて「春一番」だそうです。
この時期に思い出すのは、はるか昔に高校を卒業した日のことです。
卒業式の後に、大学に出す卒業証明書を作ってもらう時に、
事務員の人が「誕生日なんだね。ダブルでおめでとうだね」と言ってくれました。

そうなんですよ。3月生まれの人は高校3年生でもずっと17歳なのです。
特に、僕は18歳になったその日に、卒業なのです。感無量です。
けれど、久しぶりに袖を通した学生服は、なんとなく窮屈だったな。

2月からは自由登校で、ほとんど普段着で過ごすし、バイトをしていたので
日中は、作業服だったりしたな。
学校が決まって、東京での生活はどんなんだか空想していたかな?

あんまり、その後のことは覚えていない。けれど、3月の下旬には東京へ
行った。高田馬場だった。そこの大学は落ちたけど、新聞店の集合場所
だった。勿論、その後に竹橋の本社に寄って、銀座の店に行った。

何日かして、電車で布団袋を担ぎながら、田舎の駅から本当の旅立ち。
駅のホームで涙ぐんでたお袋の姿がまだまぶたに残っています。
未来に向かって行く心境は「やったるわい!」だったな。
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます